SMX Media(スカイマティクスメディア)

ニュース・お知らせ・プレスリリースなど、
スカイマティクスをより知っていただくためのコンテンツを掲載しております。

電波伝搬路支障木判定システム「くみきフレネル」を北海道電力様と共同開発しました

2020年8月19日

北海道電力株式会社

株式会社スカイマティクス

 

ドローン空撮画像を活用した「くみきフレネル」の共同開発について

~インフラ設備の保守などでの作業効率向上や費用低減を実現~

 

 北海道電力株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:藤井裕、以下「北海道電力」)および株式会社スカイマティクス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡邉善太郎、以下「スカイマティクス」)は、通信手段としてマイクロ波無線をご利用する際の作業効率向上や費用低減を実現するため、ドローン空撮画像を活用した新システム「くみきフレネル」を共同開発しましたので、お知らせします。

 

スカイマティクス社のクラウドサービス「くみき」をベースにした本システムでは、マイクロ波無線で通信を行う際に支障となる樹木の把握について、ドローン空撮画像をクラウド上で自動処理することで、高度な専門知識を不要にするとともに、これまでの測量等による方法と比較し作業員数や作業時間、費用を低減することが可能となります。

今後、主に鉄道会社や電力会社といったインフラ事業者や官公庁向けに、9月上旬頃を目処にスカイマティクスにてサービスを開始します。

 

 北海道電力とスカイマティクスはこれまで、ドローン活用に向けたモニター実証の共同実施などを通じたお客さまニーズの収集・把握を行っており、北海道でマイクロ波無線を利用するお客さまのご要望から、このたびのシステムが生まれました。

 北海道電力とスカイマティクスは引き続き、地域に根ざした北海道らしい新たなサービスを検討するとともに、先端技術を用いてお客さまのお役に立てるよう、取り組んでまいります。

 

※電磁波の一種であるマイクロ波による通信。直進性が強く特定の方向に向けて発射するのに適しており、伝送できる情報量が非常に大きい。

 

【添付資料】ドローン空撮画像を活用した「くみきフレネル」の概要

以 上

 

 

 

くみきフレネル開発プレス補足資料案_FIX後_常務ご指摘お伺い

ページの先頭に戻る