SMX Media(スカイマティクスメディア)

ニュース・お知らせ・プレスリリースなど、
スカイマティクスをより知っていただくためのコンテンツを掲載しております。

「くみき」二時期の画像比較や自動差分抽出機能等の大型バージョンアップを2月13日に実施

 株式会社スカイマティクス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 渡邉善太郎)は、ドローン計測サービス「くみき」に、二時期の画像比較や自動差分抽出機能など、建設現場・採石現場・災害現場などの土量管理・棚卸管理に役立つ新機能を新たに搭載し、2月13日より提供を開始します。

 

 

「くみき」はドローンで撮影した連続画像を、クラウド上にアップロードするだけで自動的に地形データ(オルソ画像・DSM(高低差)画像・点群データ)を生成することができ、クラウド上でいつでも簡単に利用できることから、簡易測量や調査・点検など様々な分野で活用されています。

ユーザーの増加に伴い土量管理・棚卸管理などの場面において、二時期の画像を比較し、変化量を自動的に計算したいというニーズ、複数の対象エリアを継続的にモニタリングしたいというニーズなどが高まってきました。

 

今回搭載された新機能により、従来ユーザーが複数の比較対象画像で個別に体積量などを計測し差分をマニュアルで算出していたものが自動で算出されるようになり、また、広大な現場で複数のモニタリングエリアを計測・記録できるようになることで、ユーザーの業務効率がより向上することを期待します。

 

今後も当社はドローンの業務利用を身近なものにし、ドローン活用現場における業務の改善・負担軽減を実現すべく、画像解析・AI技術を用いてさらにシステムを強化し、ユーザーがより快適に使用できるクラウドサービスの開発・提供を目指して参ります。

 

 

 

■ 大型バージョンアップ機能の詳細

    • 二時期画像比較と自動差分抽出機能

最新のオルソ画像上で、計測したい対象エリアを選択することで、体積・面積・表面積・高さ・外周を自動計測。過去に撮影された比較対象画像を選択するだけで、自動的に同じエリアの差分を計測、表示します。

 

    • 複数・複雑な形状エリアの計測・保存機能

計測したいエリアが複数の場所や複雑な形状であっても、体積・面積・表面積・高さ・外周を自動計測し、記録・保存できます。

 

 

    • 背景地図の任意変更

地図は従来のGoogle Mapに加え、国土地理院地図、OpenStreetMapも選択頂けます。

 

 

■株式会社スカイマティクス概要
社名:   株式会社スカイマティクス
所在地:  東京都中央区日本橋本石町4-2-16Daiwa日本橋本石町ビル6F
URL:   https://skymatix.co.jp/
製品URL: https://smx-kumiki.com/
代表者:  代表取締役社長 渡邉善太郎
資本金:  1億円
従業員数: 20人
事業内容: 産業用リモートセンシングサービスの企画・開発・販売

 

 

■本件に関するお問合せ先
株式会社スカイマティクス 日笠、新井
TEL: 03-6262-6360 E-MAIL: info@skymatix.co.jp

ページの先頭に戻る