ドローン/RFIDによる
資材管理
Inventory Management Service

資材管理の自動化で
作業現場を快適に

広大な資材現場に点在する資材に貼り付けたRFIDタグをドローンが自動で読取、資材位置を地図上にマッピングし、在庫量と保管場所を自動管理します。手間と労力を要した屋外の資材管理を自動化し、現場の作業を正確かつ快適にします。

ワークフロー

  • 1資材が資材置場に設置される前に、RFIDタグをはり、部材番号とタグ番号の紐付けを実施。
  • 2資材置場上空をドローンが自動飛行し、RFIDタグの読み取りと位置を記録。
  • 3資材置場上空をドローンが自動飛行し、資材現場の画像を空撮。
  • 4RFIDタグの読取情報と画像をクラウドにアップロードすると、必要な資材と位置が自動管理。
  • 5現場は事前にWeb上で確認し資材を引き取り、本社・事務所は在庫状況を確認し作業指示・追加発注を実施。

お問い合わせ

ページの先頭に戻る