SMX Media(スカイマティクスメディア)

ニュース・お知らせ・プレスリリースなど、
スカイマティクスをより知っていただくためのコンテンツを掲載しております。

新潟市西区農業再生協議会と、ドローンを活用した作付確認の「実運用」を日本で初めて開始します

 

 株式会社スカイマティクス(本社:東京都中央区、代表取締役 渡邉善太郎)と、新潟市西区農業再生協議会は、新潟市西区の黒埼地区約1,200haの農地において実施する作付確認業務を、固定翼ドローンと葉色解析クラウドサービス「いろは」を活用して開始します。

 

 当業務は、新潟市西区農業再生協議会が取り組む「平成31年度 新潟市西区農地航空写真撮影業務委託事業」において、作物作付状況の正確かつ効率的な現況把握等を行い、経営所得安定対策にかかる各種補助金が適正に交付されることを目的に行う業務です。

 

 作付確認は毎年行っている作業で,従来、市職員・農協職員・農家等の多くの関係者が現地に向かい、時間と労力をかけて、計画された作物が作付されているか確認し,補助対象となるか判断してきました。

 今回、当社がドローンで対象地域を撮影し、撮影した画像を処理することで、関係者が現場に出向かずにインターネット上で作物作付状況を正確に確認可能となり,大幅な作業時間の短縮と労力の削減を期待できます。

 

 当業務を、ドローンを活用して実施することは、他自治体でも実証実験が行われていますが、「実運用」としての取り組みは日本で初めて(※1)となります。

 

 今後、当社は他自治体の同様の業務の効率化・負担軽減に貢献すべく、製品の普及に向けた販売体制とサービス体制の強化に取り組んで参ります。

 

※1 2019年6月1日時点、スカイマティクス調べ。農地航空写真撮影業務委託において、ドローンを活用して作付確認を行う試みとして。

 

 

 

当業務に活用する葉色解析クラウドサービス「いろは」とは

 

http://smx-iroha.com/

 

 葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行うことができるサービスです。

 

 ドローンにより撮影された画像は「いろは」にアップロードされることで、圃場内の位置に合わせて自動的に配置、記録されます。また、クラウドサービス上に用意された生育診断機能を利用することで、作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況などを画像毎に記録することができます。毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現します。

 

 当業務では、「いろは」を活用して作付情報を「見える化」します。

 

 

「いろは」内の画像管理画面 

 

 

株式会社スカイマティクス概要

社名:  株式会社スカイマティクス

所在地: 103-0021 東京都中央区日本橋本石町4-2-16 Daiwa日本橋本石町ビル6F

URL:  http://skymatix.co.jp/

代表:  代表取締役 渡邉善太郎

資本金:  ¥582,500,000

従業員数:  20

事業内容:  産業用リモートセンシングサービスの企画・開発・販売

 

 

 

本件に関するお問合せ先

株式会社スカイマティクス 飯田

TEL: 03-6262-6360 E-MAIL: info@skymatix.co.jp

ページの先頭に戻る